FC2ブログ

「粘膜人間」飴村行

粘膜人間

著者の二作目である粘膜蜥蜴を最初に読んだのだが、こちらがデビュー作で、第15回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。

個人的には質の高さは二作目に劣ると感じたが(これはよいこと。一発屋でなくきちんと腕を上げているということなので。)、それでも著者の持ち味である極限まで上り詰めたエログロ描写や、摩訶不思議ながらぐいぐい読ませるストーリーテリングの手腕はここでも発揮されており、かなり楽しめた。

暴力がどうにもならない三男を殺そうと長男と次男が殺害を画策。
それを相談した相手の「ベカやん」というおじさんが変わり者で、次男の祐二に見返りに求めたと言えば・・・。
しかもそれと引き換えに、教えてくれた手段というのが・・・。
詳しくは読んでのお楽しみだが、こんな感じで異次元展開が続きながらも、決して読者を置き去りにはせず、魅力ある語り口できちんと引き込んでくれる。

グロ描写のえげつなさはここでもやはり眼を背けたくなるほどだが、それも含めて粘膜ワールド。
この人はやみつきになりそうだなー。他ではどうにも得られなそうな独特の世界をしっかり手にしている。うう、もっと読みたい。


粘膜人間/飴村行/角川ホラー文庫
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

まったく同感です うううもっと読みたい ひたりまくりたい
次は10月の ね、ねん、ねんまく鼠ぃ~~!! まちどおしいばかりです

ありがとうございます

> ゆらゆらさま

ご訪問・コメント有難うございます!
遅ればせながら、ちょっと小説から離れていたもので粘膜兄弟なるものの存在を最近知りました。まだ開いていませんが、まずはこれから読んでみたいと思います。ううう、楽しみ。
プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: