FC2ブログ

「ボトルネック」米澤穂信

ボトルネック

ふとしたことで迷い込んだパラレルワールド。
僕の住む世界とそっくりのもう一つの世界では、生まれなかったはずの姉がいて、生まれたはずの僕がいない。
僕の代わりに姉が生きていることによって、二つの世界に少しずつ違いがあることに気付いていく・・・。

------------------

というお話。

ある意味でとても残酷だ。
誰もが、自分以外の誰かと自分を比べてしまう。それで落ち込んだりすることもあるけれど、最後は開き直ることができる。だって、違うタイミングで生まれた違う人間なんだから。
でも、この話の場合は違う。まさに自分の代わりに生まれた、もう一つの存在。否が応でも比べてしまう。そして自分のダメさを知ったときの絶望感と言ったら・・・。

パラレルワールドというSFな飛び道具を使って、まさかこんな痛い所にズブズブ踏み入る小説を書くとは。恐れ入った。
軽いタッチでユーモアを交えながらの読みやすい語り口なのだが、それでいてこの容赦なさ。素晴らしいね。

どうやら売れっ子作家らしい著者の作品は初めて読んだ。
ひょっとしたら著者の中でも「読み手を選ぶ作品」なのではないか、と邪推したが、いずれにせよ次が読みたくなったのは確か。また素敵な作家に出会ってしまった。


ボトルネック/米澤穂信/新潮文庫
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: