FC2ブログ

「片眼の猿」道尾秀介

片眼の猿

もう止まらない。道尾秀介をとにかく読みたくて、
向日葵の咲かない夏
骸の爪
に続く3冊目。

今まで読んだ2冊と比べてやや薄めだが、内容は勝るとも劣らぬ傑作。こんなにどれもこれも完成度が高くてよいのだろうかー。幸せ過ぎる。出会えたことが。

下記あらすじはAmazonの、単行本版から失礼。(文庫版であらすじが見つからなかったため)

-----------------------
俺は私立探偵。ちょっとした特技のため、この業界では有名人だ。その秘密は追々分かってくるだろうが、「音」に関することだ、とだけ言っておこう。今はある産業スパイについての仕事をしている。地味だが報酬が破格なのだ。楽勝な仕事だったはずが―。気付けば俺は、とんでもない現場を「目撃」してしまっていた。
-----------------------

相変わらず、重なり合う謎とその解決の密度が濃い。
特に本作に関しては、メインの事件が解決した後もその波は一向にやまず、ひたすら続く衝撃、衝撃、衝撃。

しかも単なるミステリ的カタルシスだけでなく、胸を打つ人間ドラマ・メッセージでもある。

毎度ながら話の核心に触れたくても触れられないのが特にミステリのつらいところ。でもこれだけは言える。傑作。
さあまだまだ読むよー!


片眼の猿/道尾秀介/新潮文庫
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: