FC2ブログ

「向日葵の咲かない夏」道尾秀介

向日葵の咲かない夏

前回ご紹介した骸の爪に感激して、そのまま2冊目突入。(執筆順とかはまるで無視だが。)

これがまた恐るべき傑作。まずはあらすじをAmazonより引用。

---------------------
明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。
---------------------

小学生が主人公なのだが、さわやかに進んでいくと思いきや、その正反対。登場人物の心に巣食う闇がこれでもかと描かれる暗黒世界。こういった世界が嫌いな方もいるかも知れないが、そんな暗黒の中を読み進むと、そこには美しきミステリ的解決が待っている。

この人は、重層的に謎を仕掛けて、終盤の分厚い解決編でお腹いっぱいになるくらい豪華に気持ちよく解決していくのが流儀なのかしらん。この快感に酔ったらもう他の作家では物足りなくなってしまうかも、と心配になるくらい濃い。

読んでいくと、かなり早い段階であるキャラの設定に違和感を覚えるはず。
しかし安心したまえ、著者はその何歩も先に行っていて、きちんと裏の裏を掻き、美しい作品にまとめあげてくれる。
看板に偽りなし。ああもうこの著者から離れられない。次も行ってみよーっと。


向日葵の咲かない夏/道尾秀介/新潮文庫
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『向日葵の咲かない夏』

道尾秀介 『向日葵の咲かない夏』(新潮文庫)、読了。 次の展開が気になって仕方がなく、一晩かけて一気読みしました。 かといって、楽...

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: