FC2ブログ

「人と対話するコンピュータを創っています」古井貞熙

人と対話するコンピュータを創っています

東京工業大学大学院教授の著者による、「コンピュータによる音声認識」を扱った本。

人が音を認識する仕組みから始め、色々なことを知る必要があるのだが、どれも分かりやすく説明してくれていて非常に読みやすい。航空会社からスーツケースを受け取るために電話の音声認識システムとやり取りする一連のエピソードとか、楽しく読めてぐいぐい引きずり込まれる。音声認識なんて私はド素人なのだが、正直ここまですんなり読めるとは思わなかった。

こういう人を「頭がよい」と言うんだろうなー。別に、高度な研究をしているからということではない。何が言いたいかと言うと、難しいことを難しい言葉で説明するのは「頭がよい気になっている」人のやることで、本当に頭のよい人は、難しいことを簡単な言葉で説明する、ということ。大体、よく理解できていない人ほど難しい言葉を使いたがるよね。噛み砕いて説明できるのは、よく理解できている証拠であり、そして実は自分の知識に自信がある証拠。・・・ということで、非常に気持ちよく読めた。

それから、こんな記述もある意味で自信の表れと思う。

--------------------
20年前にある研究発表会で、「あなたの研究はいつゴールを迎えて失業することになりそうですか?」という質問を受けたことがあります。そのとき私は、「あと40年は失業しないと思います」と答えて、「ほー!?」という羨望と軽蔑の入り混じった、なんともいえない反応を受けました。20年たったので、あと20年です。現在の音声認識技術は、まだ道半ばです。
--------------------

なんとも気の長い話だが、今の各分野の発展も、こうした地道な努力の積み重ねで成り立ってるんだろうなー。自分が生きている間には完成しない建築に携わってる大工さんとかさ、地味かも知れないけど、かっこいいよね。
がんばろっと。


人と対話するコンピュータを創っています/古井貞熙/角川学芸出版
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

はじめまして(^-^)

今日は、是非私たちが運営している「本カフェ」
SNSに入って、本好きな仲間と共に楽しいお喋りを
しませんか?と言うお誘いのコメントしています。
もし、お気に召しませんでしたら削除されて下さいね。
ただ今150名の本好きさんが集まって、日々
色々な情報交換や、お喋りを楽しんでいます。
是非、この機会にメンバーさんになって、楽しんで
みられませんか?アドレスは↓
http://heartgraffiti.sns.fc2.com/こちらまで。
では、お待ちしていまぁ~す◎
プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: