FC2ブログ

「ソクラテスの人事」NHKソクラテスの人事制作班

ソクラテスの人事

「一風変わった入社試験」を、様々な業種の様々な会社から計36問。
元々はテレビ番組のようで、問題に対してゲストの芸能人数名が回答、その中から合格者が決定される、という企画らしい。

本書では、1問ごとに「問題」→「合格した芸能人の回答」→「企業からのコメント(合否の理由など)」を4ページでコンパクトにまとめたものの繰り返しになっており、読みやすい。

どんな問題があるかと言うと、たとえばこんなもの↓

--------------
今、一番必要なドラえもんの道具は?
 (質問35:株式会社ニチイ学館)
--------------

何も遊びでこんな問題を出しているのではなく、それぞれの質問には企業側の意図がある。
例えばこの質問では、「道具を社会のために使う」視点があるかを見ているため、試験のときに役立つ「アンキパン」のような利己的な回答は不合格とのことだ。「どこでもドア」については恥ずかしながら利己的な使い方しか思いつかなかったのだが、「余った食料をタイムリーに必要な地域に届ける」という目的であれば合格。道具ってのは使い方なんだなー。

このような個性的な問題が目白押し、最後まで飽きずに楽しめる。

・・・と、素直に楽しめるのはこうして本で後から読んでいるからであって、実際の面接試験で急にこんな問題が出てきたらびっくりするだろうなー。まあ、そんな「突然の状況に機転を利かせて対応する」能力も見ているのだろうけれど。

大変だけれど、マニュアルで読んできたような「御社の将来性に期待して・・・」「学生時代は○○委員長でリーダーシップを発揮し・・・」みたいな儀式的な面接が廃絶されていくのは個人的には好ましい方向と思う。・・・とは言え学校では答えが一つに決まる問題ばかりを解かされてきたのに、社会に出た途端にこんな抽象的な難問を叩き付けられるのはちょっと酷。社会が求めるものにきちんと教育が追いついているのか、なんて余計なことも考えてしまった。


ソクラテスの人事/NHK「ソクラテスの人事」制作班/祥伝社
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: