FC2ブログ

「女房を質に入れるといくらになるのか?」永野良佑

女房を質に入れるといくらになるのか

なんとも挑発的(?)なタイトルだが、これは江戸時代の川柳「女房を 質に入れても 初鰹」をもじったもの。投資理論・会計理論を、結婚や、子供をもうけることといった一般的に「お金で買えない」とされていることに当てはめていく、試みの一冊。

「子供を育てるのに2000万円かけて、将来的にその子供が成長して出世して3000万円返してくれたら投資としては成功」なんていう、ちょっとドキッとする話も出てくる。
・・・でも、この著者は決して血も涙もない金勘定マシーンではない。むしろ逆だ。
冒頭にこんな言葉がある。

---------------
しかし、社会科学系の分野も自然科学と同じで、突き詰めると、人間がどうやったら幸せになれるかを関心の対象としていることは間違いありません。
---------------

根底にあるのは、投資理論を人生に応用して楽しんでみる好奇心である。
こんな風にあらゆる事象を金勘定して、お金のありがたみを説きながらも、著者は再三にわたって「お金で買えないこと」の価値を強調する。

うーむ、だからこそリアルな説得力があるのだろうな。
割り切れないのである。お金の話に拒否反応を示す人にとっても、冷静に考えてみることはやっぱり大切だと思う。そんな意味で、「世の中金が全て」みたいな意見に賛成する人も反対する人も、それぞれの立場で楽しめる本だと思う。

・・・ここで冷静に我が身を振り返ってみると、随分おかしなお金の使い方をしてきたなーって思う。
100円をケチることもある一方で、ウン十万円をドブに捨てるような使い方もしたり。広ーい意味での投資額(つまり、たとえば「楽しみのために使った」みたいなのも含める)を考えると、決して回収はできていないと思う。
でも、なんだかんだで損得考えずに費やした金が誇らしかったりするんだよね。人間を豊かにしたんだぞ、みたいな。えへ。
・・・と、どんな意味であれ、こんなふうにお金のことを考えさせられることに意義があると思うのです。


女房を質に入れるといくらになるのか?/永野良佑/扶桑社新書
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: