FC2ブログ

「「汚い」日本語講座」金田一秀穂

「汚い」日本語講座

言語学者の著者による「汚い」についての考察。
汚い言葉遣いを扱った本ではなく、まさに「汚い」というその言葉についてである。

「汚い字」「汚い考え」などの使い方もあるが、主に、「汚いシャツ」といった基本的な使い方に絞られている。一つの言葉をひたすら掘り下げていく過程が知的好奇心を刺激する。(以下、一部汚い言葉も含まれるので、お食事中の方はご注意を。)

「汚い」について、豊富な知識を駆使して様々な角度から分析していく。
例えば「汚い」と「汚れている」「汚らしい」を比べてみたり、食器を共有することについての各国の文化の違いを考えてみたり。それでも難解にならないのは、ところどころに散りばめられたユーモアがよいアクセントになっているからだろうか。とても読みやすく、親しみやすい。
特に「汚い」と「汚らしい」を比べるくだりに出てくる、

------------
「ウン○色のカレーは汚らしいけれど、カレー色のウン○は汚いのである」(本文より・・・一部伏字)
------------

なんて、思わず吹き出してしまった。
すみません、汚いことを書いて・・・。ってこの本全般がだが。
そして、さんざ「汚い」を語った末の最終章の結論部には、妙な美しさがあってこれがまたよい。


「汚い」日本語講座/金田一秀穂/新潮新書
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: