FC2ブログ

「匣の中」乾くるみ

匣の中

事の本末が転倒しているかも知れないが、先日「匣の中の失楽」(竹本健治)を読んだのは、乾くるみのこれを読むためだった。私は乾くるみが大大大好きで、以下、かなり贔屓目に書くと思うのでその点はご了承を。

本書は、奇書と呼ばれる「匣の中の失楽」に対するオマージュ。
目次や登場人物構成を見ると、まさに「匣の中の失楽」をなぞっており、それだけで、どんな仕掛けが飛び出すのかワクワクしてしまう。

推理小説好きが集まるグループ内で消失事件や殺人事件が起こり、衒学的な推理合戦が繰り広げられる点も、作中作を利用している点も、そのまま「匣の中の失楽」をなぞっている。

では、これは単なる模倣品なのか?

確かに「匣の中の失楽」は偉大な先駆者であり、その存在なくしては、当然この「匣の中」も生まれ得なかった。だがあえて言いたい。この作品は、「匣の中の失楽」に対して持っていたどこか不完全燃焼なモヤモヤを見事に焼却しつくしてくれた、と。

「匣の中の失楽」は、現実と小説が交錯する中で様々な謎への解釈が提出され、その様々な解釈を楽しみつつも決定打がなく、そこが幻惑的であり魅力なのだが、ミステリとしての整合性を求めるのであれば少なからず欲求不満になる作品である。もちろんそこを綺麗に整理してしまっては「匣の中の失楽」の魅力は半減してしまうのだが、どこかで綺麗な解決を求めていたのも確か。

この「匣の中」は、解決されない暗号があるなど幻惑風味は残しているものの、基本的には極めて理性的であり、緻密に伏線を張り、最後には圧倒的なカタルシスを用意してくれている。

なんというか、「3匹のこぶた」で例えると、原作の「はじめの2匹のこぶたが食べられてしまう」バージョンの他に「3匹とも助かる」バージョンも生まれたっていう、ああこんなパターンも読んでみたかった、という感じ。

厚手の2冊ですが、できれば「匣の中の失楽」(Amazonへ)から続けて読まれてみることをオススメ。大満足。


匣の中/乾くるみ/講談社文庫
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: