FC2ブログ

「匣の中の失楽」竹本健治

匣の中の失楽

ミステリ界の有名な作品だが、今回初めて読んだ。
しばしばアンチ・ミステリとも評される作品である。

推理好きの仲間が集まる「ファミリー」の中の一人、ナイルズこと片城成がオリジナルの推理小説を書き進めている中、仲間の中で殺人が起こる。ファミリーが推理合戦を繰り広げていくのだが、読み進めて行くうちに、いつしか現実の世界とナイルズの小説の世界が交錯し、読者は翻弄されていく、そんな趣向である。

次々に現れる謎と、ひたすら繰り広げられる推理合戦、そして執拗なまでのペダントリー。推理小説のエキスを極限まで濃縮したような作りだが、それが「アンチ」と呼ばれるのは興味深い。
仲間が殺されているのに呑気に(?)推理合戦を始めたり、「連続殺人でなくてはならない」なんて非常識な戒律を犯人に科したりするあたりとても非常識でブッ飛んでいるのだが、これこそがエキスを極限まで濃縮した結果だろう。つまり、開き直りである。推理を楽しむ小説なんだから、細かいことは言うなと。ここまで開き直ったがために、推理小説が小説たらんとする流れとは逆を向いた結果の「アンチ」、ということであろうか。

リアリティを求めるのもいいが、開き直って推理ゲームは推理ゲームとして受け入れるのもまた一つの楽しみ方である。「ウルトラマンは下にいる人間を踏み潰してるんじゃないか」とか考え始めたらとても楽しめないのと一緒。(・・・なのか?)

確かに読み手を選ぶかも知れない。
でも、あまり壁を作らず、ただ受け入れようとするだけで、新しい世界は簡単に開けるのかも知れない。


匣の中の失楽/竹本健治/講談社ノベルズ
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: