FC2ブログ

「ニホン語、話せますか?」マーク・ピーターセン

ニホン語、話せますか?

海外のCDを買っていると、ごく稀に日本語に出くわすことがある。
しかしながら、これらの大半が、なんだか妙な日本語なのだ。
例えば、

・激しい曲の冒頭で、怒声で「ただいま!」と叫ぶハードコアバンド

・曲の途中で何の脈絡もなく「はいています!」と叫ぶ、これまた別のハードコアバンド

・アメリカの大御所Hip Hopアーティスト、Jay-ZのCDでさえ、女性の声で「みなさんJay-Zをなりたいよ」と助詞に致命的な過ち

・・・と、なかなかキュートで愛しいのだが、さて、どうやら人のことばかり笑ってはいられないようだ。

街の女子高生が発した「シャカリキむかつく!」の面白さが分かるほど日本語に精通したアメリカ人の明治大学教授が書いた本書は、日本人のおかしな英語を中心に、言語に関わるエピソードを面白おかしく紹介するエッセイ集。
たとえばあの有名な「CAN YOU CELEBRATE?」も「あなたは祝えますか?」であり、「あなたは神を信じますか?」並みの唐突さと迫力を持つ不気味英語らしい。

・・・ところで、それにしても、なんともショッキングな!
中学英語教科書を始めとした、日本で行われている英語教育の誤りに対する指摘は圧巻。
いざ一刀両断、

・someを疑問文・否定文で使うときはanyに変える
・willとbe going toは同じ意味
・canとbe able toは同じ意味

これらは全て誤りだ!
(・・・って書いてあるー!)
あー、今まで何を勉強してきたのだー。おっと考えてみたら「これは机ですか?いいえ犬です」とか純アメリカ人でも一生使わないであろう例文が出てきた時点で気付くべきだったー。

と興奮も冷めないですが、そんなショッキングな事実を、軽い口調でユーモアたっぷりに語りかけてくれる本なのです。


「ニホン語、話せますか?」/マーク・ピーターセン/新潮社
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: