FC2ブログ

「さまよう刃」東野圭吾

さまよう刃

未成年の少年グループに一人娘を強姦殺人された長峰が、謎の密告電話により犯人の少年の一人の住所を知らされる。それを受けた長峰はその住居に侵入、娘が蹂躙される様子を納めたビデオを発見、そこに帰宅した少年を怒りに任せて殺害する。さらにもう一人の少年への復讐のため、長峰は警察からの逃走と少年の追跡を続ける・・・。

長峰を復讐に駆り立てる理由の一つは、法律に任せると満足の行く結果が得られないからだ。
すなわち未成年であるため少年法により保護され、名前などは伏せられたまま短期の服役が課されるだけである。法律は加害者の人権ばかりを主張し、弱者である被害者にはときに冷たい。

「暴力に対して暴力で復讐していては、秩序のないめちゃくちゃな世の中になってしまう」なんていう理屈は分かっている。そう考えている方にこそ読んでほしい。正論だけでは成り立たない、「理性では分かっていても、感情が許さない」状態は確実に存在する。
実際、この物語に登場する様々な人物の口から、長峰への同情的な意見が語られる。「私だって同じことをするだろう(犯人を殺すだろう)」という意見も聞かれる。

そして、読む者もその問いを突きつけられる。
やりきれない葛藤に、胸が焼かれる思いがする。

さすがは著者、エンターテインメント小説の旗手東野圭吾だけあり、特に終盤に掛けての緊迫感は素晴らしい。やれ少年法だの小難しいことを考えなくとも、物語にぐいぐい引き込まれる、このリーダビリティはさすがというしかない。
しかし敢えて言う。この作品は、「社会派の味付けをされたエンターテインメント小説」ではなく、どちらかと言えば「エンターテインメントの味付けをされた社会派小説」である。犯人の少年に対し、登場人物の口を借りて何度か「人間の屑」という少々過激な表現がなされるところに、著者の社会に対する問題意識が垣間見える。

一級品のサスペンスを味わった後に、深く考えさせられる。少し重たいけど是非読んで頂きたい傑作。


さまよう刃/東野圭吾/角川文庫
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: