FC2ブログ

「13階段」高野和明

13階段

なんだこの面白さはっ。著者の小説デビュー作とは思えない。

事件前後の記憶が一切ないまま死刑囚となった青年樹原の冤罪を晴らすため、調査を始めたのは刑務官の南郷と、そして、殺人の前科を背負った青年三上。樹原のわずかな記憶である「死の恐怖に怯えながら階段を見た」を頼りに、捜査を進める。絞首台へと続く13段の階段と重ね合わせて語られるのは、死刑執行までの丁度13の司法手続きのステップ。つまり13回役人のハンコが押されれば樹原の死刑は執行されるということなのだが、2人はそれまでに冤罪の証拠を突き止めることができるか・・・。

死刑制度の是非とその問題点、被害者のみならず加害者の家族の生活も一瞬で破壊する犯罪の恐ろしさ、日常のちょっとした引き金で誰もが事件の加害者にも被害者にもなりうること。・・・と書いてくとめちゃめちゃテーマが重い。重い、のだが、それでもなお、これは一級品のエンターテインメント作品であると言い切れる。
人物の会話なんかも気が利いてて面白いし、謎解きの展開もワクワクする。そして何より、終盤のテンションが凄まじい。ミステリ的などんでん返しの連続、息もつかせぬサスペンス。一気に読んでしまった。学校や会社の前に中途半端に読んでしまうと、気になって勉強も仕事も手に付かないから注意ね。

ジェットコースターのような激しい展開の後の読後感はというと、・・・また深いテーマに引き戻される。誰もがいつ加害者になるとも被害者になるとも分からない中で、絶妙なバランスを保ち、あるいは幸運によって、日常生活を営んでいる。この小説にはあからさまな悪人も登場するが、そうでない、一言で言い切れない悪人も何人か。(前科持ちの三上含む。)

そして現実もしかり。というか、これこそ普通だよなー。完全な善人などこの世にいない、という。イライラしたり、誰かを憎んだり、カッとなったり、っていうのは多かれ少なかれ皆あるでしょう。(・・・と思う。)
うーむ・・・、・・・とは言え、何度も行ったり来たりしつつやっぱり最後に言いたいのは、「この小説は本当に面白いエンタテインメントで、とにかく読んでほしい」、でいいや。傑作。


13階段/高野和明/講談社文庫
Amazonへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: