FC2ブログ

粘膜兄弟 飴村行

粘膜兄弟

期待の粘膜シリーズ3作目。
著者のデビュー作でもある1作目「粘膜人間」が日本ホラー小説大賞長編賞受賞、続く2作目「粘膜蜥蜴」が日本推理作家協会賞受賞という実績。

そんな中での3作目だが、何が凄いって、これまでの2作品を確実に凌駕している。
どんどん面白くなる作家というのは、本当に期待が持てる。この先が更に楽しみ。

さて、肝心の内容だが、タイトルの通り兄弟(双子)が主人公。
戦時中の日本を舞台に、「ゆず子」という女性に恋焦がれる二人。と、ここに「フグリ豚」やら「黒助」やらファンタジー要素も加わり、独特の世界観で独特のストーリーをずんずん突き進んでゆく。
独特の、と書いてしまうのは簡単だが、これが本当に独特なのだ。ここでしか味わえない世界。これが粘膜クオリティ。脈絡がないかの如く突き進みつつ、しっかりと伏線の回収までやってのける、話の展開が見事。

なんだか全然ストーリーの説明になっていないが、事前知識なんて無しでこの不思議な世界に身をゆだねてくれたまえ!だって、すごいリーダビリティ。ユーモアも鋭くて、一行一行が、読んでて楽しく幸せ。こんな読書体験素敵じゃないの。

特徴として過去の作品同様グロい描写を含むので、万人には勧められないかも知れない、知れないけど、お勧め・・・!

楽しみな作家だなあ。幸せ。


粘膜兄弟/飴村行/角川ホラー文庫
Amazonへ
スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: