FC2ブログ

「氷菓」米澤穂信

氷菓

ひょうんなことから「古典部」に入部することになった高校生のホータローが、日常の様々な小さな謎を解いていく青春ミステリ。

メインの謎は、三十三年前の学校で起きた事件。
過去の文集や壁新聞など、わずかな手がかりを元に謎を解き明かしていく過程が心地よい。

本編とは違うところで、素敵な言葉があったので抜粋。

---------------
あんたひとりでもめげちゃダメ!男の子は孤独に耐えて強くなるものだから。
もし誰か他にいるなら、それはよかったわ。男の子は人間の中で磨かれるものだから。
---------------

ユーモア交じりに照れ臭くはぐらかすような中で、本質を言い当てているようなところがとても素敵。
それから、これ。

---------------
きっと十年後、この毎日のことを惜しまない。
---------------

うーん、逆説的に、ものすごく怖い言葉だ。
胸を張ってこんなことが言える毎日を送っているか、というか、言えるような毎日を送れるようにしないとね、という。
なかなか痛くて気持ちよいです。

氷菓/米澤穂信/角川文庫
Amazonへ
スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: