FC2ブログ

「9年間、コンビニで見た日本人」徐明成

9年間、コンビニで見た日本人

日本在住の韓国人の著者が、コンビニでのアルバイト・店長・オーナーとして働いた9年間にコンビニで出会った日本人の姿を描いたエッセイ。

いやー、ここで描かれる日本人、同じ日本人として恥ずかしくなるくらいひどい!
レジにお金を投げつける客、日本人でないと分かるとあからさまに態度を変える客、子供に万引きをさせた挙句、指摘すると怒鳴りつける親・・・。
読んでいて気分が悪くなるほどだが、これが現実、向き合うために読んでいると、時々天使のような客も現れる。(ほんのちょっとだけれど)

一貫したメッセージは、「大人がしっかりしなければ、日本は滅びる」ということ。
しっかりする、といっても、たいそうなことをするわけではない。ここで紹介される「悪魔のような人」のほとんどは、ちょっとした言葉遣いが悪いとか、すみませんが言えないとか、すぐに怒鳴る、とかそういった日常の言動の配慮不足が殆ど。(さすがに万引きのような犯罪は例外だが)
ちょっと気をつけるだけで、お互いに気持ちよく過ごせるようになるのでは、と思うのだ。

ということに気付けるだけでも、この腹立たしく恥ずかしい各章は日本の悪しき実情として読む価値があると思うのだ。
(でも、さすがに「エロ本はいい本だよ」というスケベ紳士だけはそっとしてあげてほしかった気もするが・・・)

-----------------
ちょっとだけ残念なのは、「○○だろ」という日本語を著者が間違えて覚えてしまっているらしく、全て「○○だら」になっていること。
客と店員が一触即発、緊迫したシーンで「お前、日本人じゃないだら」とか言われると拍子抜けしてしまうのだった。
編集者が指摘してあげればいいのにー。


9年間、コンビニで見た日本人/徐明成/朱鳥社
Amazonへ
スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: