FC2ブログ

「下流大学に入ろう!」山内太地

下流大学に入ろう!

なんとも風変わりで刺激的なタイトルだが、もちろん意図がある。

「いい大学に入って、いい会社に入れば一生安泰」だった社会は既に過去のものになりつつある。近年の閉塞感を見るに、所謂エリートだけではこの国をよい国にはできなかったことが分かる。人口の大多数を占める「庶民」の力の向上である。ここに閉塞感の突破口があるのではないか・・・?

・・・という視点から、全国の大学を渡り歩き取材した著者が、様々な大学の、特色のある試み・取り組みを紹介していく。
読んでいたら再び学び直したくなってしまった。(偉そうに「学び"直す"」と言えるほど勉強したことはないのだが・・・。)

-----------
あなたが勉強すると、世界が平和になるのだ。
-----------

ちょっと論点はずれるかも知れないが、いわゆる「成果主義」が少なくとも日本ではうまくいっていない理由は先の「庶民の力の向上」の観点で説明することも可能ではないか、と少し思う。例えば、もともとの実力がそれぞれ100、50、30のそれぞれAさん、Bさん、Cさんがいたとする。成果主義というのはAさんばかりにご褒美を与えることであって、これをするとどうなるかと言うと、残りのメンバは自信とやる気を喪失する。すると仕事の効率も下がり、結果的に50、30の力がたとえば半分の25、15になってしまう。これは全体としては計40の力の無駄な喪失である。
必要なのは、自分の実力をどれだけ発揮できたか、あるいはどれだけ進歩できたかの評価ではないか。100、50、30の人がそれぞれの努力で5ずつ進歩すれば、全体は105、55、35になる。+15であり、-40の先ほどの例との差は歴然である。

これを実現できるか否かは多分に「評価する側」の問題である。
これには社会やマスコミも含まれる。もう学歴、職歴、性別、etc...での偏見はやめませんか。足を引っ張り合っているうちに船全体が沈んでいくようなバカな社会にはしたくない。


下流大学に入ろう!/山内太地/光文社
Amazonへ
スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: