FC2ブログ

「日本人の知らない日本語2」蛇蔵&海野凪子

日本人の知らない日本語2

前作である1が面白かったので続く2も購入。これもまた期待を裏切らない!
日本語学校の教師として外国人に日本語を教える主人公の日常を描いたマンガ。
外国人とのやり取りが本当に面白い。

日本のマンガに良く出てくる「コケるポーズ」が日本の文化だと思って再現する人とか、ゲームで覚えた日本語をそのまま使う人とか、にくめないキャラが続々。

日本人は絶対しない間違い方を見ると、「ああ、こんな風に間違えるのか」とこちらも勉強になる。
これが感覚の違いというものなのかな。
逆に言えば、我々が英語始めとする外国語を喋って間違えたときも、「変な間違い方」と思われている、ということ。
まあ、悪いことではない。面白いな、というそれだけ。

深く考えずとも、基本的にはガハハっと笑って楽しめて、でも実は勉強になって、という、そんな本です。
続きも出るのかな、楽しみ。


日本人の知らない日本語2/蛇蔵&海野凪子/メディアファクトリー
Amazonへ
スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「日本人の知らない日本語」蛇蔵&海野凪子

日本人の知らない日本語

面白い!

日本語教師をしている著者の、外国人生徒とのやり取りを描いたマンガ。
タイトルの通り、日本人が如何に日本語を知らないかを認識すると同時に、「ああ、外国人はこんなところに疑問を持つのだなあ」と考えさせられたり。
日本語って面白い、異文化って面白い、って本なのだが、マンガとしての表現力・構成が秀逸で、ときに爆笑を誘う。(電車の中とか注意よ・・・)

ぶっ飛んだ外国人生徒の言動を面白おかしく紹介しながらも、その視線が優しいことが何よりよい。
そう、我々日本人だって外国に行ったらきっとたくさん笑われる。でもいいじゃない、楽しいんだから。笑顔で(ときに爆笑して)、愛を持ってお互いの文化を受け入れましょうよ、という心の広さが感じ取れてハッピー。

個人的に好きなのは、フランス人のマリーさん。
お上品なマダムなのに、日本の仁侠映画が大好きで、その言葉遣いが・・・。

たくさん笑って、そして何だか人のことがより好きになっている、そんな一冊。お勧め。


日本人の知らない日本語/蛇蔵&海野凪子/メディアファクトリー
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「ふしぎ日本語ゼミナール」金田一秀穂

ふしぎ日本語ゼミナール

金田一秀穂先生の日本語本、面白すぎて立て続けに3冊目(※)。
これもまた外さない。

よくある、言葉の「正しい使い方」といったパターンの日本語本とは全く違った視点から、言葉の魅力に光を当てる。その視点とは、「日常でみんなが気にせずに生活できているのに、深く考えるとよくわからなくなるような謎が日本語の中に潜んでいる」のを見つけ出すこと。

具体的には、
「蛍光灯を点けたり消したりするための紐の先についている金具の部分を何と呼ぶか」
だとか、
「サッカーで、フォワードから見てゴールの右へ向かってシュートしたとき、キーパーは『左』に飛んだというのか、『右』に飛んだというのか」
だとか、
「駅で切符を買うことを『買い物』と呼ぶか?」
だとかいった話題。
どれも「言われてみれば・・・」と不思議になる洗練されたネタばかり。
そして何より、こんなに曖昧で不思議なことがたくさんあるのに、普段のコミュニケーションには全く困っていないところが面白い。

そして毎度ながらこの方の魅力は、言葉に対する深い愛、だなー。
曖昧なものを「ダメなもの」とは切り捨てない。若者言葉も間違った使い方も、深い愛を以て受け入れる。それを象徴するのが下の言葉。

---------------
ある言葉は、そこで母語話者によって使われる以上、すべて同じ価値を持っていて、美しいとか正しいとかいうような評価を下すべきものではありません。~(中略)~自分の気持ちがそのまま表現できていれば、それは大変美しく正しい言葉であると言うことができるでしょう。
---------------

どうです?素敵でしょう。

※過去にご紹介した2冊はこちら。
「適当な日本語」金田一秀穂
「「汚い」日本語講座」金田一秀穂


ふしぎ日本語ゼミナール/金田一秀穂/生活人新書
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「適当な日本語」金田一秀穂

適当な日本語

乱暴に言えば、よく言われる「正しい日本語」を扱う本の一種なのだが、一味違う。
「適当」という言葉には、「適切な」「ふさわしい」といった意味と、「いい加減な」という意味の2通りの意味がある。そんな存在自体がまさにテキトーなのだが、その「適当」を冠したタイトルの通り、「正しい日本語」に焦点を当てながらも、新しい用法をおおらかに認め受け入れていく、著者のそうした柔軟な姿勢が垣間見える一冊である。

著者は言語学者(少し前に読んだ「「汚い」日本語講座」が面白すぎて早速次に手を出した!)なのだが、こうした立場の方が日本語の乱れ、・・・いや、乱れというより広がりと言いたいのだが、日本語の広がりにおおらかであることは、とても希望が持てる。そう、テキトーでよいのである。

全体は大きく分けて3つに分かれている。
1.誤用されやすい言葉
2.現在はあまり使われなくなった言葉
3.パソコン時代にふさわしい、同音異字語の漢字変換
これらがそれぞれ全く異なる構成を取っており飽きさせない。
「1.」の誤用に対するおおらかさも一つの読みどころなのだが、特に楽しめたのは「3.」。
クイズ形式なのだが、下手をすれば各篇が単なる漢字問題になってしまいそうなところ、ショートコラムのようなエピソードが毎問ごとに添えられており、読み物として大いに楽しめる。
例えば、本書の主旨と直接関連する訳ではないが、印象に残ったのは下記のような記述である。

------------
子どもは、たいていのことを知っている。理屈ではなく、喧嘩で正義の帰趨が決まってしまうことなど、小学校の休み時間では日常茶飯事である。
------------

こんな感じのテキトーなぼやき(?)を連ねたエッセー風の文章が散りばめられており、テキトーに息抜きしながらテキトーに勉強できる。こうして肩の力を抜かせながらしっかり勉強に引き込んでくれる人が、いい先生なんだろうなー、なんて思う。


適当な日本語/金田一秀穂/アスキー新書
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「「汚い」日本語講座」金田一秀穂

「汚い」日本語講座

言語学者の著者による「汚い」についての考察。
汚い言葉遣いを扱った本ではなく、まさに「汚い」というその言葉についてである。

「汚い字」「汚い考え」などの使い方もあるが、主に、「汚いシャツ」といった基本的な使い方に絞られている。一つの言葉をひたすら掘り下げていく過程が知的好奇心を刺激する。(以下、一部汚い言葉も含まれるので、お食事中の方はご注意を。)

「汚い」について、豊富な知識を駆使して様々な角度から分析していく。
例えば「汚い」と「汚れている」「汚らしい」を比べてみたり、食器を共有することについての各国の文化の違いを考えてみたり。それでも難解にならないのは、ところどころに散りばめられたユーモアがよいアクセントになっているからだろうか。とても読みやすく、親しみやすい。
特に「汚い」と「汚らしい」を比べるくだりに出てくる、

------------
「ウン○色のカレーは汚らしいけれど、カレー色のウン○は汚いのである」(本文より・・・一部伏字)
------------

なんて、思わず吹き出してしまった。
すみません、汚いことを書いて・・・。ってこの本全般がだが。
そして、さんざ「汚い」を語った末の最終章の結論部には、妙な美しさがあってこれがまたよい。


「汚い」日本語講座/金田一秀穂/新潮新書
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: