FC2ブログ

「マンガ入門」しりあがり寿

マンガ入門

マンガ家の、しりあがり寿氏によるマンガ入門。
面白い点は、絵をどう描くかとか、コマをどう配置するか、といった技術的な話が全くない点だ。
何のために描くか、何を表現したいか、という観点にほぼ特化している。

確かに、即絵が上手くなりたい人・技術を身につけたい人には向かないかも知れない。
だが、逆に、概念的であるがゆえに、マンガに限らず様々な分野に応用できる(であろう)「自己表現」という観点の示唆が詰まっている。
著者はキリンビールでマーケティングをやっていたという経歴を持っており、マーケティング的な観点からの洞察も勉強になる。

「マンガ入門なんて自分に関係ない」と敬遠せずに、騙されたと思って手にとってほしい。きっと思わぬ発見があるかも???

マンガ入門/しりあがり寿/講談社現代新書
Amazonへ
スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「現代アートビジネス」小山登美夫

現代アートビジネス

「青山ブックセンター六本木店 カリスマ書店員が本音で選んだ最高に面白い本 新書部門第1位」という、すごいのかなんなのかよくわからない惹句にハートを鷲づかみにされて手に取った一冊。

ギャラリストの著者による、タイトルの通り現代アートビジネスに関する本。
ギャラリスト、というのは、アートギャラリーを運営する仕事。アート作品を集め、人を集め、販売する。
一枚の絵が数千万とか、時には百億円以上の価格で取引される。敷居が高い、とつい身構えてしまうが、著者はもっと気楽にアートギャラリーに立ち寄ってほしいと語る。そう、アートをもっと日本に根付かせようという想いが随所に滲み出ている。

・・・その一方、奇麗事だけではすませないところにもまた、さらに好感が持てる。
安く買った作品が数年後に10倍、100倍といった金額に跳ね上がることもあり、その性質から投機目的、つまり株などと同じように始めからいつか高く売るために買う人たちがいる。のだが、それも決して完全否定はしない。そういった人もいて、お金が動いて、成り立っている面があるのも確かなので。そうした話題には、やはり現実にアートをビジネスとして成立させている著者ならではの説得力がある。(逆に、もちろん完全肯定でもないのだが。)
・・・とは言いながらも、アートの裏には生身の人間がいることを忘れないで、というあたり、やはり愛情が感じられたりしてよいなー。

これを読んで、著者のギャラリーに足を運びたくなった。残念ながら買えるかどうかは分からないけど、少しでも裾野を広げることに協力できれば(笑)、なんて。


現代アートビジネス/小山登美夫/アスキー新書
Amazonへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
その他書評・レビューはこちらから


blogram投票ボタン

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

shicker-slicker

Author:shicker-slicker

"友が皆我より偉く見ゆる日々"

------------------------
その他書評ブログはこちらから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

レビュープラス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: